タグ:海外旅行 ( 13 ) タグの人気記事

モルディブの基本情報が続きます。
昨日のモルディブの治安についてから、本日はチップについて綴りたいと思います。

日本人にとって馴染みのないチップ。
温泉旅館に泊まる時なんかは、仲居さんにチップを払うこともあるかもしれませんが、日本国内で普通にシティホテルや
リゾートホテルに泊まる時なんかは、チップを払うことはまずないですね。
直接払おうとしても、もしかしたら遠慮されるかもしれません。

そんなチップですが、海外では義務のところも。
もともとお給料が基本給のみで、あとはチップで賄う風潮があるようです。

気になるモルディブのチップ制度はどうでしょうか。

モルディブでは義務ではありませんが、チップの慣習はあります
ハウスキーピング、ポーター、バトラー、ウェイター、ツアーのガイドなど、それぞれに支払います。
ダイビングサファリクルーズなんかだと、一日あたり〇〇ドルとあらかじめ提示されていることもあります。

チップはいいサービスを受けた時はもちろん、何かお願いをした時にも支払うのがマナーです。
ちょっとお部屋まで果物を切るためのナイフを持ってきてもらったり、フロントでどこかに電話をかけてもらったり
気分が悪くなって薬を買ってきてもらったり・・・
そんな時にいちいちチップを払うのかな?
逆に少額だと失礼じゃないかな?と思いがちですが、払うべきです。

日本では国民性もあるのかと思いますが、お客様へのサービス=おもてなしという構図で、サービスにお金は発生
しないという概念があるような気がします。
でも日本から一歩外を出れば、概念は全く異なります。
がめついようですが、お金が発生しないと人は動きません。
逆に言えば、お金が発生すれば人は気持ちよく動いてくれます。
モルディブだけでなく、日本以外のほとんどの国はそうかと思います。

さて、話がそれましたが・・・

気になるチップの額の目安は・・・
ポーター(荷物を運ぶスタッフ)へは、荷物1個あたり US$1
レストランスタッフへは、US$5~US$10
ハウスキーピングへは、US$5~US10
ツアーガイドへは、US$5~US$10
といったところでしょうか。
上記目安は1回毎ではなく、一滞在・一人当たり(3泊~4泊程度)での目安です。
あくまで目安なので、期待以上のいいサービスを受けた!という場合は弾んであげるといいかと思います。

渡し方としては、最終日に渡すといいかと思います。
ツアーガイドやポーターは最終日に会えない可能性もあるので、その度に渡してもいいかもしれません。
できればいずれも手渡しで、お世話になったスタッフへ直接、がお勧めです。

なかなかお金の話はタブーの日本人にとってチップの話はしにくいのですが、郷に入れば郷に従え!ですね。

******************************************
おかげさまで3周年。
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

モルディブの大自然の恵みがギュッとつまったオーガニックブランド KOKONOWA も手掛けています。
国際空港までデリバリー致します。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング
モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-08-01 02:44 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)
時期により、よく聞かれるのがモルディブの治安について。
私も海外旅行に行く際は、必ずその土地の治安を確認します。

モルディブの治安。
個人的な感想になりますが、在住7年目を迎え感じたことをご紹介したいと思います。

まずはリゾート島の治安ついて。

モルディブは1島1リゾート。
リゾートに滞在するゲスト以外の上陸は基本的にできません。
リゾートで働いているスタッフは、スタッフエリアと呼ばれるリゾート内の一角に集められている宿舎で生活をしています。
リゾートによってはスタッフに対し、ゲストエリア立ち入りを禁止している場合もありますし、ゲストエリア立ち入り自由で
ゲストと一緒に食事をしたりお酒を飲んだりと比較的自由なリゾートもあります。

治安の面では、リゾートは特に問題がない印象です。
水上コテージなんかは海に降りる階段がありますが、夜、暗くなってわざわざ泳いで他人のコテージに侵入する。。。なんて
ゲストはそうそういないと思われます。
私自身、水上コテージに宿泊する時は(そうそうそんな機会はありませんが!)、海側の窓は寝る直前まで全開。
意外に寒くなるので、寝る前に施錠して寝ています。
でもまぁ、外に変わりはないので、部屋を空けるときなんかはきちんと施錠したほうが無難ですね。

お部屋の掃除に、ハウスキーパーがゲスト不在中にお部屋に入ることもあります。
このあたりは日本の温泉旅館なんかもそうですよね。
貴重品は出しっぱなしにしない、荷物はベッドに出しっぱなしにせずなるべくまとめておく、といった配慮は必要かと思います。

女性の一人旅の場合、現地の男性スタッフがしつこく絡んでくる、ということも、たまにあります。
日本人女性はニコニコと話すので(こちらの女性は知らない人に普通ニコニコしません)、勘違いしてしまうようです。
勘違いしてしまい、夜にゲストルームを訪ねてきた・・・!なんて話も実はよく聞きます。
毅然とした態度が必要ですね。

次はローカル島の治安についてです。

ローカル島はリゾート島と違い、現地の人はもちろん、観光客、出稼ぎ労働者が滞在している島。
いろいろと注意すべきことがあります。

まずお部屋の戸締り。
これはきちんと毎回面倒でもすべきです。
そして貴重品はなるべく肌身離さず持つのがお勧めです。
海に行く時なんかは、お部屋にセーフティーボックスがあればそれを利用するのもいいですし、スーツケースに入れて鍵をかける
のもいいですね。

そして島歩きの際。
基本的にモルディブローカル島の治安はいいですが、暗くなってから特に一人で歩く場合、街灯がないエリアや狭い道は避けた
ほうが無難です。
星を見に暗いビーチへ行きたいところですが、一人では行かないほうがいいでしょう。
女性の場合は特に、です。
危ないこともあるかもしれないという点以外に、何より10中8,9声を掛けられます(ナンパ目的で男性に)。

外国人観光客が増えてきているとは言え、ローカル島の中では外国人(特に欧米系、東アジア系)はとても目立ちます。
モルディブというお国柄(小さな島国)と、イスラム教国家という様々な要因があります。
目立つが故に、どこで何をしている、というのは筒抜け状態。
良くも悪くも注目されているということは忘れないようにしなければなりません。

最後に首都マーレの治安について。

私が青年海外協力隊でモルディブに赴任した時、最初に渡されたのが ”マーレ注意エリア” のマップでした。
”夜間の一人歩きは極力控えるようにしなければならないエリア”が、一応あります。
そのエリアは観光エリアからは大分離れています。

一般的にアジアで注意エリアというとスラムのイメージがありますが、モルディブにはスラムはありません。
では何が注意なのかというと、”ドラッグ常用者が見受けられるエリア” といったところです。
かといって、ヨダレ垂らしてフラフラになりながら歩いている常用者がたむろしている、というわけでもありません。
パトカーのサイレンが毎日聞こえてくる、というわけでもありません。

なので、モルディブの治安は他の新興国と比べると、比較的安全度が高い印象です。
ただもちろん、夜間の女性の一人歩きは控えたほうが無難です。
夜中0時までは飲食店がオープンしているので人通りもまだいくらかありますが、0時を過ぎるとパタッと人通りが
なくなります。

また道がとても狭いので、車とバイクには十分気を付けなければなりません。

自分の身は自分で守る、という意識が海外ではとても重要です。
特にモルディブはイスラム教国家なので、服装や言動から無用な誤解やトラブルを招かないよう、配慮も必要ですね。

******************************************
おかげさまで3周年。
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

モルディブの大自然の恵みがギュッとつまったオーガニックブランド KOKONOWA も手掛けています。
国際空港までデリバリー致します。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング
モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-07-31 00:51 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)

雨のモルディブ

この1週間、ずっと雨空続きの首都マーレ付近。
1日に3回ほど、ドバーッとスコールが降っています。

モルディブは南北に長いので、環礁によっては天候が違うかもしれませんが・・・。
先日のお客様は、リゾート⇒マーレ空港への水上飛行機が悪天候により大幅遅延。
間に合ってよかったです・・・。

a0349326_00192882.jpg


雨季も例年であればあと3ヵ月弱。
雨季はマンタの乱舞やら楽しみがいろいろありますが、カラッと晴れた日々が待ち遠し今日この頃です。

******************************************
おかげさまで3周年。
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

モルディブの大自然の恵みがギュッとつまったオーガニックブランド KOKONOWA も手掛けています。
国際空港までデリバリー致します。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村


旅の知識・楽しみ方ランキング
モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-07-24 00:23 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
今日は、空港島と陸続きのフルマーレにある数ある宿泊施設の中から、お勧めホテルのご紹介です!

フルマーレのビーチ沿いには数多くの宿泊施設が建ち並びます。
ここ2,3年で急激に増えました。
中にはお洒落系のホテルもあり、トランジットのみならず長期滞在者や業務滞在の方も多く滞在しています。

やはり人気はビーチ沿いの海が見えるお部屋。
お値段も結構する(1泊1部屋1万円~)のですが、やはり海が見えるという点が魅力的ですね。
お部屋も満室のことが多いです。

そんな急激な成長を遂げているフルマーレ。
たまに、日本人のお客様にもご満足いただける宿泊施設がないか物色・・・するのですが、特に目をひいたのがこちら。
最近はこのようなナチュラルな雰囲気の宿泊施設が急増していますが、このホテルを発見した2年前はまだまだ少数派でした。


Coconut Hulhuvilla Beach Hotel
(ココナッツ・フルヴィラ・ビーチホテル)

a0349326_02155641.jpg


名前はビーチですが、場所はビーチ沿いでなく1本入ったところのため、海が見えるお部屋はありません。
でもビーチまで徒歩10秒、ホテル併設のカフェがビーチにあるので、そちらでまったりと過ごすことができます。
朝食も近々ビーチ沿いのレストランでお召し上がり頂けるようになります。
手前のレストラン奥の、4階建ての白い建物が Coconut Hulhuvilla Beach です。

a0349326_02172265.jpg


ビーチ沿いの道には分かりやすくサインが出ています。

a0349326_02183333.jpg


ではお部屋をご紹介。
コンフォート・ダブルルーム。
一番スタンダードなお部屋です。
他にファミリールーム(こちらより少し広め)、スイートルーム(最上階)の3つのお部屋カテゴリーがあります。


a0349326_02215869.jpg

お部屋によっては小さいながらバルコニーがあります。
あまり換気と採光を気にしていない構造の建物が多いモルディブ。
そんななか、大きな窓とバルコニーは貴重!
服やタオルを干すこともできますね!

ソファーベッドまであります。
ちょっと物を置くのにも便利そうです。

a0349326_02230263.jpg


セーフティーボックスもあります。

a0349326_02241897.jpg


冷蔵庫、ドライヤーもあります。
館内無料もWi-fiもあり。
(お部屋の場所や日によってはつながりにくい場合もあります。)

a0349326_02261147.jpg

湯沸し器ポット、コーヒーのサービスも。
ちょっと一息つくのにいいですね!
小腹がすいたらカップラーメンを作ることもできます。
ドリンクウォーターは1日2本、サービスとなります。

a0349326_02272771.jpg


コンセントはBFタイプ。
電圧は220Vです(日本は110V)。
日本のコンセントをさせる変換プラグは、フロントで貸し出ししています。
変圧器はありません。

a0349326_02284753.jpg


もちろんホットシャワー完備。
シャンプー、せっけんもあります。
歯ブラシはありませんのでお持ちください。


a0349326_02294129.jpg


4階建ての館内にはエレベーターがなく、階段のみとなります。
荷物のあげさげはスタッフが手伝ってくれます。

掃除もきちんと行き届いていて、お洒落な雰囲気のお部屋。
お部屋も比較的リーズナブルで、トランジットや業務渡航にピッタリ。

弊社のツアーをお申込みの際の前泊・後泊や、長期ご滞在には弊社特別価格で手配致します。
お気軽にお問合せください♪

******************************************
おかげさまで3周年。
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-04-15 17:58 | モルディブローカル島ゲストハウス情報 | Comments(0)
再び行って来ました、南アリ環礁

南アリ環礁といえばジンベイザメ!
モルディブで一番遭遇率が高いと言われる環礁です。

リゾートもあり、宿泊施設のあるローカル島もあり。
リゾートだと、ジンベイザメツアーの催行が毎日はない場合もあるようです。
その点、ローカル島だと毎日催行可能。
お客様との距離が近く融通がきくのもローカル島滞在のいいところ。

南アリ環礁にはいくつかローカル島があります。
以前紹介したマーミギリ島、ダンゲティ島もそのひとつ。
いずれも外国人観光客向けの宿泊施設があり、弊社でも手配可能です。

そして今回行ってきたのは、マンドゥ―島(Mandhoo)
というのも、現地の人からマンドゥ島のビーチは最高!という情報を入手したから。
現地の人が言うなら相当きれいなんだろうと、百聞は一見に如かずで行ってきました!

南アリ環礁へは国内線が一般的。
首都マーレからスピードボートもありますが、毎日運航はしていなかったり、基本的に現地の人の足のためツーリスト向けの
時間帯ではなかったりします。
時間に余裕のある長期滞在の場合は、スピードボートも利用価値大です。

今回は時短で、国内線利用。
南アリ環礁の玄関口であるマーミギリ島へ。
片道30分ほどです。

a0349326_23350711.jpg

マーミギリ国内線空港到着。
南アリ環礁のリゾート宿泊ゲストもここに到着します。
ジンベイザメのイラストありました!

a0349326_23355108.jpg

目指すマンドゥ―島は、ここマーミギリ島からスピードボートに乗り換えて約30分。
秘島!という感じがします。

マンドゥ―島、到着!
縦長の島で、一周歩いて30分ほど。

a0349326_23541438.jpg
さてさて、お目当てのビーチは・・・
こちらがマンドゥ―島のツーリストビーチ。
なが~いビーチです。
貸切状態!
時々ウミガメが産卵に来るのだとか!

モルディブの国教はイスラム教。
女性の過度な肌の露出は厳禁なので、このようにビキニOKのツーリストビーチのあるローカル島が増えています。

a0349326_23520903.jpg
海は遠浅、ハウスリーフがほどよくあります。
珊瑚は残念ながらエルニーニョ現象の影響で死滅していましたが、若い新しい珊瑚が芽吹いていました。
魚影はモルディブらしく、熱帯魚がたくさん泳いでいました。
シュノーケルも楽しめるビーチです。
遠浅なのでお子様も安心。

a0349326_23551080.jpg

マンドゥ―島には現在宿泊施設が2軒しかなく、ローカル感がとても濃い島です。

このようなまだまだ観光客には知られざる島にも、流行に敏感なヨーロピアンはいるわけで・・。
今回も3週間この島に滞在するという、ドイツ人カップルに遭遇しました。

アクセスしやすく便利なローカル島はいくつかあるのに、どうしてこの島を選んだのか聞いたところ、ツーリストが全くいない島に
ゆっくり滞在したかったから!とのこと。
モルディブと言えばラグジュアリーなリゾート滞在だったのに、ローカル島滞在が解禁されてから本当に変わりましたね。



a0349326_23525804.jpg

夜、島を散策するとローカル島らしいこんな風景に遭遇。
島民たちが家の前の道路でバーベキューをしているところです。

燃料はココナッツの殻。
焼いているのは今回は魚ではなくチキン、ソーセージでした。
それにしてもすごい量です。
子だくさんのモルディブ、一体何人家族なのでしょうか。

こんな風景に出会えるのも、ローカル島滞在ならでは。
宗教も概念も日本と全く違うモルディブ。
ひとつひとつが新鮮で興味深いです。

マンドゥ―の滞在ルポ、次回に続きます。
お楽しみに!

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-22 00:14 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
ビーチフロントのローカルレストランで、アフタヌーンティー。
午後4時頃、お祈りの時間が終わったらお茶の時間。

今日は金曜日で休みということもあり、ローカルレストランはどこも超満席。

ヘディカとよばれるお茶うけ3種ほどの紅茶が鉄板スタイル。
本日はコーヒーで。

a0349326_22455010.jpg

モルディブ人の夕食は20時頃と遅く、このアフタヌーンティーは夕食までの繋ぎの感覚のようです。

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-03 06:43 | モルディブローカル島レストラン・食堂情報 | Comments(0)
本日のマーレは快晴。

国際線空港から国内線空港へ向かう途中の風景。
全体を覆った工事中でしたが、全貌が見えてきました。

おそらくこちらはリゾート行きのボート発着乗り場になるのではないかと。

a0349326_20511631.jpg

おっと、ついにケンタッキーがやってくるようです♪

a0349326_20495269.jpg

コーヒーショップはすでに国際線に2つもあるから、いらないような気もしますが・・・。
マクドナルドは・・・残念ながらなかったです。

個人的には日本食が来てほしい!!
海外にも多く出店されている大戸屋さん、吉野家さん、回転ずしなんか…いかがですか~~~!!

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-02 06:48 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)

お手軽テイクアウェイ

最近ちょっと忙しくて・・・・

そんな時に私自身よくお世話になるのが、ローカルレストランのお持ち帰り。
日本のように多種多様というわけにはいきませんが、カレーや炒め物なんかを気軽にテイクアウェイできるお店が
あります。

基本的に男の人しか入っていないお店が多いのと、一見ローカルレストランなのかなんなのか分からない店構えだったり
するので、観光客の方にとっては敷居が高いかもしれません。

そういう場所こそ、どローカルの食事を味わえたりするんですけど・・・。

a0349326_06064178.jpg

ただ、日本と水質も違うし、味付けも結構スパイシーなものが多いので、お腹がちょっと心配という方はご用心。


******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-01 06:11 | モルディブローカル料理グルメ情報 | Comments(0)
モルディブローカル島の情報をお届けします!

今回はダンゲティ島(Dhangethi)
首都マーレからスピードボートで片道1時間半~2時間ほどのところに位置する、南アリ環礁内のローカル島です。
船への乗り継ぎが発生しますが、国内線利用でもアクセス可能です。

今回はスピードボートで行って来ました。
現地の人も利用する乗り合いスタイルのため、運航曜日・時間が決まっています。
国内線利用の場合は1日6便ほどの運航があるので、滞在期間が限られているツーリストには人気があります。

ツーリスト50%、現地の人50%くらいの割合でボートは満席状態で出発!
ダンゲティ島へは暗くなる少し前に到着しました。

a0349326_19174476.jpg


ダンゲティ島内の雰囲気をお届けします。

a0349326_19184421.jpg


南アリ環礁にはリゾートが多く、リゾート発着のローカル島立ち寄りツアーも行われています。
そのためメインストリートには、このようにお土産屋さんが立ち並んでいました。

a0349326_19193528.jpg

a0349326_19201362.jpg

立派なバンヤンツリーも!
ラピュタの世界に迷い込んだかのよう。

a0349326_19215421.jpg


島内にはローカルレストランも。
軽食が食べられます。
ローカル島に宿泊する場合、朝食+夕食は宿泊施設で、昼食は現地のレストランに繰り出してみるのもお勧めです。

a0349326_19211514.jpg


ビーチが目の前のローカルカフェ。
ダンゲティ島は人懐っこい猫が多く、猫好きにはたまりません。

a0349326_19235840.jpg

ローカルカフェでは毎日15時半過ぎ頃に、アフタヌーンティーがあります。
”ヘディカ”と呼ばれるお茶うけを選び、紅茶でいただくのがモルディブスタイル。

a0349326_19225720.jpg


モルディブの国教はイスラム教。
モスクがあります。
一日5回のお祈りの時間には、島民たちがここへ集います。

a0349326_19254464.jpg

さて、メインのビーチ!

ダンゲティの海は遠浅。
珊瑚もほどよくあるハウスリーフで、シュノーケルも楽しめます。

a0349326_19261648.jpg


引き潮の時は、どこまでも歩いて行けそうなくらい遠浅になります。
現地の人も週末は海で海水浴!

a0349326_19265732.jpg


写真映えしますね!

a0349326_19272724.jpg


南アリ環礁の最大の目玉は、ジンベイザメ!
ダンゲティ島からボートで15分~20分ほどのところにポイントがあり、シュノーケルやダイビングでジンベイザメと一緒に
泳ぐことができます。
※ジンベイザメは人間を襲いません。
※S&Yツアーズアンドトラベル代表のシャインです。
 ツアー化できるかどうか、ダンゲティ島視察中。

a0349326_19323352.jpg

朝のビーチ。
日の出の頃には現地の人がよくウォーキングをしています。
ヨガをしているツーリストも。
静けさの中、BGMは音だけ。
贅沢な時間です。

a0349326_19340542.jpg

次回はダンゲティ島の宿泊施設の紹介です!
お楽しみに♪

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ






第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by ccmtours | 2018-01-27 07:01 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
モルディブローカル旅アドバイザーによる、

a0349326_00453331.jpg



******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ



[PR]
by ccmtours | 2018-01-26 18:49 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)

モルディブローカル島の情報発信中!現地旅行会社ならではの濃い情報。オリジナルオプショナルツアー、オーダーメイド可能。S&Yツアーズアンドトラベル 


by モルディブ現地旅行会社S&Yツアーズアンドトラベル