再び行って来ました、南アリ環礁

南アリ環礁といえばジンベイザメ!
モルディブで一番遭遇率が高いと言われる環礁です。

リゾートもあり、宿泊施設のあるローカル島もあり。
リゾートだと、ジンベイザメツアーの催行が毎日はない場合もあるようです。
その点、ローカル島だと毎日催行可能。
お客様との距離が近く融通がきくのもローカル島滞在のいいところ。

南アリ環礁にはいくつかローカル島があります。
以前紹介したマーミギリ島、ダンゲティ島もそのひとつ。
いずれも外国人観光客向けの宿泊施設があり、弊社でも手配可能です。

そして今回行ってきたのは、マンドゥ―島(Mandhoo)
というのも、現地の人からマンドゥ島のビーチは最高!という情報を入手したから。
現地の人が言うなら相当きれいなんだろうと、百聞は一見に如かずで行ってきました!

南アリ環礁へは国内線が一般的。
首都マーレからスピードボートもありますが、毎日運航はしていなかったり、基本的に現地の人の足のためツーリスト向けの
時間帯ではなかったりします。
時間に余裕のある長期滞在の場合は、スピードボートも利用価値大です。

今回は時短で、国内線利用。
南アリ環礁の玄関口であるマーミギリ島へ。
片道30分ほどです。

a0349326_23350711.jpg

マーミギリ国内線空港到着。
南アリ環礁のリゾート宿泊ゲストもここに到着します。
ジンベイザメのイラストありました!

a0349326_23355108.jpg

目指すマンドゥ―島は、ここマーミギリ島からスピードボートに乗り換えて約30分。
秘島!という感じがします。

マンドゥ―島、到着!
縦長の島で、一周歩いて30分ほど。

a0349326_23541438.jpg
さてさて、お目当てのビーチは・・・
こちらがマンドゥ―島のツーリストビーチ。
なが~いビーチです。
貸切状態!
時々ウミガメが産卵に来るのだとか!

モルディブの国教はイスラム教。
女性の過度な肌の露出は厳禁なので、このようにビキニOKのツーリストビーチのあるローカル島が増えています。

a0349326_23520903.jpg
海は遠浅、ハウスリーフがほどよくあります。
珊瑚は残念ながらエルニーニョ現象の影響で死滅していましたが、若い新しい珊瑚が芽吹いていました。
魚影はモルディブらしく、熱帯魚がたくさん泳いでいました。
シュノーケルも楽しめるビーチです。
遠浅なのでお子様も安心。

a0349326_23551080.jpg

マンドゥ―島には現在宿泊施設が2軒しかなく、ローカル感がとても濃い島です。

このようなまだまだ観光客には知られざる島にも、流行に敏感なヨーロピアンはいるわけで・・。
今回も3週間この島に滞在するという、ドイツ人カップルに遭遇しました。

アクセスしやすく便利なローカル島はいくつかあるのに、どうしてこの島を選んだのか聞いたところ、ツーリストが全くいない島に
ゆっくり滞在したかったから!とのこと。
モルディブと言えばラグジュアリーなリゾート滞在だったのに、ローカル島滞在が解禁されてから本当に変わりましたね。



a0349326_23525804.jpg

夜、島を散策するとローカル島らしいこんな風景に遭遇。
島民たちが家の前の道路でバーベキューをしているところです。

燃料はココナッツの殻。
焼いているのは今回は魚ではなくチキン、ソーセージでした。
それにしてもすごい量です。
子だくさんのモルディブ、一体何人家族なのでしょうか。

こんな風景に出会えるのも、ローカル島滞在ならでは。
宗教も概念も日本と全く違うモルディブ。
ひとつひとつが新鮮で興味深いです。

マンドゥ―の滞在ルポ、次回に続きます。
お楽しみに!

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-22 00:14 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)

お手軽テイクアウェイ

最近ちょっと忙しくて・・・・

そんな時に私自身よくお世話になるのが、ローカルレストランのお持ち帰り。
日本のように多種多様というわけにはいきませんが、カレーや炒め物なんかを気軽にテイクアウェイできるお店が
あります。

基本的に男の人しか入っていないお店が多いのと、一見ローカルレストランなのかなんなのか分からない店構えだったり
するので、観光客の方にとっては敷居が高いかもしれません。

そういう場所こそ、どローカルの食事を味わえたりするんですけど・・・。

a0349326_06064178.jpg

ただ、日本と水質も違うし、味付けも結構スパイシーなものが多いので、お腹がちょっと心配という方はご用心。


******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-01 06:11 | モルディブローカル料理グルメ情報 | Comments(0)
10月最後の日ですね。

もう2018年もあと2ヵ月しかありませんっ…!
年末年始のご旅行の予定はいかがですか??

今日は久しぶりに首都マーレは、一日雨でした。
雨が降ると涼しい・・・。

ここ最近晴れが続いていたので、たまには雨が降らないと。
と、観光客の方にとってはよくないですね・・・!

明日からまたきっと晴れると思います!

a0349326_22574144.jpg

なかなか終わらない、マーレの目貫大通り道路工事。
日本のスピードの10分の1くらいのスピードで進んでおります。
年末には終わるのか・・・?

a0349326_22561130.jpg

今日は所用のついでに通りがかった、めったに入ることのないヘディカ屋さんへ。
お店によって微妙に違うのがおもしろい。
ここは多分、スリランカ人が作っているんだろうな~と思わせる、、ラインナップでした。

a0349326_22581652.jpg


旅の知識・楽しみ方ランキング
[PR]
by ccmtours | 2017-10-31 23:02 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
モルディブへの旅行に行くことを決めガイドブックやネットで情報収集をすると、よく目にする
”ハウスリーフ”と”ラグーン”という単語。

みなさんは知っていますか?

●●リゾートは極上のハウスリーフがあり、シュノーケル天国!
とか
●●島はラグーンがどこまでも続いてビーチでまったりに最適!
とか・・・。

私はモルディブに来てからこの単語を初めて聞きました。
なんとなく意味は推測できますが、一体どういうものなのか。
いまいちよく分からないんですよね。

そこで写真を交えて解説致します。

ますハウスリーフとは・・・
”小島を囲む形で横たわっているリーフ(暗礁)”。
要は、島の周りの浅瀬のあまり波が入ってこないエリア、砂浜から海に入ってすぐの辺り、のことです。

ハウスリーフが素晴らしい!というのは、その海に入ってすぐの当たりの浅瀬の部分にサンゴが多く、魚がたくさんいる
状態のことを言います。

a0349326_15533894.jpg

サンゴがたくさんあるのが水面からでもよく分かりますね。
a0349326_04220964.jpg

海の中はこんな感じです。
もちろん日に寄りますが、基本的には小さな熱帯魚系がうようよ。
水族館状態です。
たまに海ガメや小さなサメにも遭遇できます。

a0349326_16021700.jpg


一方、ラグーンとは・・・要は浅瀬のこと。
ただ浅瀬というのはハウスリーフも同じなわけで、ラグーンというと珊瑚がほぼなく浅瀬の砂底ビーチが続いている状態です。

a0349326_04175667.jpg

こんな感じです。
ずっと遠浅の珊瑚のない海が続きます。
シュノーケルはもちろんできますが、お魚はほとんどいません。
たまにエイや大きな魚が横切る時があります。
すごく目立つのですぐ分かります。

a0349326_04190786.jpg

こちらもいわゆるラグーンですが、色のグラデーションが強いですね。
色が濃くなれば濃くなるほど深くなります。
もしくはサンゴがたくさんある部分が濃くなる場合もあります。

私はいまだにこの、サンゴで色が濃くなっているのか、ただ単に深い場所なのかの見分けはつかないのですが、現地の人は
必ず分かります。

日本人はハウスリーフ好きの方が多いですね。
私もそうですが、やっぱりモルディブ=海=熱帯魚。
シュノーケルすればどこでもたくさんカラフルな魚がいるイメージが強いです。
そのイメージ通りの島に滞在するためには、”ハウスリーフが素晴らしい島”を選ぶ必要があるわけです。

一方、ヨーロピアンはラグーン好き。
観察していると、泳ぐといってもシュノーケルセットを付けてガッツリ泳ぐというよりも、ビーチのパラソルの下でまったり
しつつたまに海に入って浮かぶ、というスタイルの方が多い印象。
ただリゾートやローカル島の宿泊施設では、必ずと言っていいほどシュノーケルツアーを催行しているので、それに参加すれば
シュノーケルを楽しむことができます。

ハウスリーフ派もラグーン派も、リゾート選び・ローカル島選びの際は自分のイメージ通りの島から、しっかりと事前チェックを
お勧めします♪

*****************************************
モルディブ旅行なら、現地旅行会社のS&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
ローカル島滞在パッケージ体験型オプショナルツアーエコスタディーツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行社です。

弾丸1泊2日、長期滞在、ハネムーン、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、教育旅行、ホームステイ、視察旅行など、あらゆる滞在スタイルに対応可能!
リゾート+ローカル島、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、オーダーメイド旅可能。
撮影ロケ・取材手配とビザサポート、モルディブ進出ビジネスサポート、ODA事業事前調査も承ります。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Yツアーズアンドトラベル


旅の知識・楽しみ方ランキング
[PR]
by ccmtours | 2017-10-28 16:19 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)
一生に一度、乗る機会があるかないかの水上飛行機。
モルディブでは、国際空港から離れたリゾートへ行くための、定番交通機関です。

a0349326_1353518.jpg


水上飛行機の飛行場。
当然ながら、海の上に浮かんでいます。
不思議な光景!

a0349326_1365651.jpg


水上飛行機は、海がプラットフォーム!
離発着は、衝撃が少なく不思議な感覚。

目的地のリゾートの近辺、ある程度深さがあって、珊瑚がないエリアで離発着します。
高度は比較的低い位置を一定して飛行するため、海との距離が近く、モルディブならでは!の海のグラデーションを飛行中ず~っと堪能することができます。

夢のような絶景が地平線の向こうまで!
ここまで鮮やかな、自然によってつくられたブルーのグラデーション、モルディブに来て初めて見ました。

a0349326_1385158.jpg


リゾートも見えます。
水上コテージ!
深い青の海に、プカーッと浮かんでいるように見えます。
a0349326_1395832.jpg


この水色の部分で泳いでみたい!!

a0349326_1404580.jpg

a0349326_1413458.jpg


目的地到着!

透明度抜群、まさに天然のプール。
何もしない時間を思いっきり満喫する贅沢、ザ・モルディブのバケーションが始まります。

a0349326_142369.jpg



一生に一度は経験すべし!の、思いっきり贅沢ができる、モルディブ水上飛行機の旅。
水上飛行機で訪れる、お勧めリゾートあります♪
お気軽にお問合せください。

*******************************************
モルディブ旅行弾丸1泊2日、長期滞在、視察旅行から、モルディブ進出ビジネスサポートなどご相談ください。
リゾート、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、オーダーメイドで承ります!

モルディブお一人様旅の自由気ままなプランもお任せ。
グループ旅行の場合、ツアー料金がお得になります♪

S&Y Tours and Travels
(社名変更致しました。)

モルディブ唯一の現地発着体験型オプショナルツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行社です。
モルディブエコツアーも提案しています。
2016年1月よりサービス開始。

日本発着モルディブ往復航空券のご紹介もしております。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
どうぞよろしくお願いします!

コメント欄、もしくはtenten5800あっとマークoutlook.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: S&Y Tours and Travels/Maldives Local Holiday Package

<br
[PR]
by ccmtours | 2016-06-19 12:00 | モルディブローカル島移動 交通機関 | Comments(0)

モルディブローカル島の情報発信中!現地旅行会社ならではの濃い情報。オリジナルオプショナルツアー、オーダーメイド可能。S&Yツアーズアンドトラベル 


by モルディブ現地旅行会社S&Yツアーズアンドトラベル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30