<   2018年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

モルディブは言わずと知れた高級リゾート地。
一島1リゾートがモルディブのスタイルです。

外国人観光客が滞在する場所は2タイプ。
リゾート島か現地の人が住むローカル島。

10年ほど前にローカル島ツーリズムが解禁され、リゾート島以外の島でも外国人観光客も滞在できるようになりました。
宿泊施設も多くあります。
現地の人のための個人商店やローカルマーケットなんかでも、外国人観光客が気軽に買い物できます。

そこで問題になってくるのが通貨。
現地の人はもちろん現地通貨(モルディブルフィア)を使用しています。

外国人観光客はどうするか。

外国人観光客をターゲットにしている土産店なんかだと、米ドルで支払いお釣りも米ドルでくれるところもあります。
ローカルのお店では米ドルで支払うこともできますが、お釣りは現地通貨となります。
またお店によっては米ドルでの支払いができず、現地通貨のみの取り扱いとなります。

考えてみれば、例えばタイでの旅行なんかでは現地で買い物をする場合にタイバーツで支払います。
米ドルで支払うことはまずありません。
というか、断られます。
両替必須です。

モルディブでは外貨やクレジットカードでの支払いが可能なリゾート滞在がメインで、外国人観光客が現地通貨を必要と
しておらず持ち合わせがないことや、現地の人も米ドルを欲しがっているが多いという経緯があるため、ローカルのお店でも
米ドル支払いができる場合があります。

ただ銀行で両替する場合よりもレートが悪いことがあり、また現地の物価もよく分からず現地通貨の扱いに慣れていない
観光客は気付かないままボラレることもあります。
レートをかなり引き上げるわけです。
旅の恥はかき捨てで気付かないままで終わればいいんですが、気付いた時の後味の悪さ。
そういう気分になるくらいなら…、最初から両替をされることをお勧めします。

現地の旅行会社のほとんどはおそらく、
”ローカルエリアでも米ドルが使えます(ただお釣りは現地通貨の場合が多いです)”とご案内しているかと思います。
弊社も同様のご案内をしているのですが、それはリゾート滞在メインの場合。
ローカル島滞在がメインの方や、首都マーレ立ち寄り観光の際に現地のマーケットで買い物をしたりローカル島のレストランで
食事をしたりするなどの予定がある場合は、モルディブ到着時に空港内の両替所であらかじめ両替をされておいたほうがいいかと
思います。

万単位の両替をするならともかく、数千円程度の両替であれば、どこで両替してもそう変わりません。
そもそもモルディブではそんなに多く外貨両替できる場所がありませんので、レートのいいお店はどこかなどと比較するほどでも
ありません。

海外、国内問わず、旅行とはお金を使うものです。
両替の手数料も必要経費。
せっかく遠いところまできて、細々とした部分で、特にお金の部分で気疲れするのは避けたいところです。

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-26 18:04 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)
本日のサーボーン(アフタヌーンティー)。
甘いもの系2つに、おかず系3つ。
食べ過ぎだ・・・。

a0349326_16203313.jpg

イスラム教徒でビールが飲めないのにお腹がタプタプ出ているモルディブ人が多いのは、絶対にこのせいだと思う。

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-25 16:26 | モルディブローカル料理グルメ情報 | Comments(0)
モルディブは1200もの小さな島々から成る国。
内リゾートは130島ほど、ローカル島と呼ばれる有人島は200島ほど、その他は無人島と言われています。

ひとつひとつが小さな島のため、島間の移動は船、国内線、水上飛行機、フェリー利用が必須となります。

唯一、ヴェラナ国際空港(旧マーレ国際空港)から陸続きのローカル島、フルマーレ
空港から車で15分ほどです。

もともとは首都マーレの人口増加により、マーレのベッドアイランドとして埋め立てて造られて人口島です。
ここ数年、フルマーレのビーチ沿いには宿泊施設が立ち並び、リゾートへ向かう際のトランジットのみならず、フルマーレに
数泊滞在するゲストも増えてきました。

ビーチにはレストランやカフェ、宿泊施設も多いことからダイビングショップやマリンスポーツも充実しています。
マーレから離れた素朴でのんびりとしたローカル島とはまたちょっと雰囲気が異なりますが、空港からの船や国内線での移動が
伴わないため、予算をグッと抑えた滞在が可能です。

そんなフルマーレ。
砂浜ビーチもありますが、海水浴とマリンスポーツ向けの海でシュノーケル向きではありません。
そのため、ウミガメや熱帯魚と泳ぎたい!となると、現地発着ツアーに参加することとなります。
予約は現地飛び込みでも可能です。
限られた日数での滞在の場合、満席やボートが足らないなどで参加できない場合を避けるため、極力モルディブ到着前の予約が
お勧めです。

じゃあ、どんなことがフルマーレ発着でできるのか。
お勧めプランを3つ、ご紹介致します。


【フルマーレ滞在お勧めプラン その①】
 リゾート日帰りツアー

a0349326_20294755.jpg

ローカル島、特にフルマーレに滞在される場合、予算を抑えることが一番の目的だと思います。
でも憧れのリゾート、行ってみたい!
ビーチを眺めながらお酒を飲みたい!(フルマーレもローカル島のためアルコールはありません)
という方にお勧め、人気なのが”日帰りリゾートツアー”(←クリック!)。

集合場所/解散場所は、マーレ国際空港内のリゾートカウンター。
時間はその日によって異なりますが、概ね朝10時頃出発し、戻りは17時頃です。
リゾートにより異なりますが、基本的にはランチビュッフェ込。
リゾートによってはオールインクルッシブスタイルで、リゾート滞在中のお飲み物(アルコール含む)が飲み放題だったりします。
リゾート内のシャワー施設も利用できるので、ビーチで泳いだりマリンアクティティも楽しめますね。

リゾート内では宿泊ゲストもビーチソファーに寝転がってのんびりとくつろいでいるので、お一人様でも気兼ねなくご参加いただけます。



【フルマーレ滞在お勧めプラン その②】
 シュノーケルツアーなどの海のアクティビティ

なにはともあれ、海!
モルディブでは多彩な海のアクティビティ、現地発着ツアーが用意されています。

a0349326_20375551.jpg

ダイビング、シュノーケルツアー、フィッシングツアー、ドルフィンクルーズ、潜水艦ツアー。
マリンスポーツだとバナナボートやジェットスキーなどなど。

なかでもお勧めなのはサンドバンクツアー!
モルディブならではの絶景が広がります。
フルマーレからだとフェリーで1時間くらいです。

この真っ白な砂の孤島におりたち、まったりのんびり過ごします。
サンドバンク周辺は珊瑚のない遠浅の海なので魚はあまりいませんが、透明度の高い天然のプールで海水浴。
最高です。

ボートを利用するツアーは、基本的に2名様~の催行となります。
1名様でのご予約の場合、他の方からの予約があれば混載にて催行されることがありますので、まずはお問合せください。

a0349326_20411041.jpg


【フルマーレお勧め滞在プラン その③】
 ローカル文化体験ツアー

リゾート島ではないローカル島であるフルマーレに滞在するからには、ローカル体験ははずせません!
首都マーレも日本語ツアーガイドの案内のある・なしでは、知識の吸収、楽しみ度が全く異なります。
モルディブの国教はイスラム教。
日本の概念や価値観と全く異なるモルディブを、現地の人との交流を通して感じてみましょう。

などなど・・・。
多彩なモルディブ体験ツアーがあります。
こちらもお一人様から気軽にご参加いただけます。

a0349326_20501055.jpg


いかがでしたか。
モルディブ現地発着オプショナルツアー。

ご自身の好みにあったツアーで、フルマーレ滞在をお楽しみください。

今回ご紹介したお勧めフルマーレ滞在プランは、弊社S&Yツアーズアンドトラベルで手配可能です。
お気軽にお問合せください。
******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-24 06:11 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)
モルディブに行きたくなる!動画シリーズ。
本日は無人島でのシュノーケルの様子です。

どこまでも続く透明度の高い海。
サンサンと降り注ぐ南の陽射し。
貸切のビーチ。

海の中に長くいすぎて泳ぎ疲れ、ひっぱられながらビーチへ戻る様子です。。。


******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-23 06:56 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
再び行って来ました、南アリ環礁

南アリ環礁といえばジンベイザメ!
モルディブで一番遭遇率が高いと言われる環礁です。

リゾートもあり、宿泊施設のあるローカル島もあり。
リゾートだと、ジンベイザメツアーの催行が毎日はない場合もあるようです。
その点、ローカル島だと毎日催行可能。
お客様との距離が近く融通がきくのもローカル島滞在のいいところ。

南アリ環礁にはいくつかローカル島があります。
以前紹介したマーミギリ島、ダンゲティ島もそのひとつ。
いずれも外国人観光客向けの宿泊施設があり、弊社でも手配可能です。

そして今回行ってきたのは、マンドゥ―島(Mandhoo)
というのも、現地の人からマンドゥ島のビーチは最高!という情報を入手したから。
現地の人が言うなら相当きれいなんだろうと、百聞は一見に如かずで行ってきました!

南アリ環礁へは国内線が一般的。
首都マーレからスピードボートもありますが、毎日運航はしていなかったり、基本的に現地の人の足のためツーリスト向けの
時間帯ではなかったりします。
時間に余裕のある長期滞在の場合は、スピードボートも利用価値大です。

今回は時短で、国内線利用。
南アリ環礁の玄関口であるマーミギリ島へ。
片道30分ほどです。

a0349326_23350711.jpg

マーミギリ国内線空港到着。
南アリ環礁のリゾート宿泊ゲストもここに到着します。
ジンベイザメのイラストありました!

a0349326_23355108.jpg

目指すマンドゥ―島は、ここマーミギリ島からスピードボートに乗り換えて約30分。
秘島!という感じがします。

マンドゥ―島、到着!
縦長の島で、一周歩いて30分ほど。

a0349326_23541438.jpg
さてさて、お目当てのビーチは・・・
こちらがマンドゥ―島のツーリストビーチ。
なが~いビーチです。
貸切状態!
時々ウミガメが産卵に来るのだとか!

モルディブの国教はイスラム教。
女性の過度な肌の露出は厳禁なので、このようにビキニOKのツーリストビーチのあるローカル島が増えています。

a0349326_23520903.jpg
海は遠浅、ハウスリーフがほどよくあります。
珊瑚は残念ながらエルニーニョ現象の影響で死滅していましたが、若い新しい珊瑚が芽吹いていました。
魚影はモルディブらしく、熱帯魚がたくさん泳いでいました。
シュノーケルも楽しめるビーチです。
遠浅なのでお子様も安心。

a0349326_23551080.jpg

マンドゥ―島には現在宿泊施設が2軒しかなく、ローカル感がとても濃い島です。

このようなまだまだ観光客には知られざる島にも、流行に敏感なヨーロピアンはいるわけで・・。
今回も3週間この島に滞在するという、ドイツ人カップルに遭遇しました。

アクセスしやすく便利なローカル島はいくつかあるのに、どうしてこの島を選んだのか聞いたところ、ツーリストが全くいない島に
ゆっくり滞在したかったから!とのこと。
モルディブと言えばラグジュアリーなリゾート滞在だったのに、ローカル島滞在が解禁されてから本当に変わりましたね。



a0349326_23525804.jpg

夜、島を散策するとローカル島らしいこんな風景に遭遇。
島民たちが家の前の道路でバーベキューをしているところです。

燃料はココナッツの殻。
焼いているのは今回は魚ではなくチキン、ソーセージでした。
それにしてもすごい量です。
子だくさんのモルディブ、一体何人家族なのでしょうか。

こんな風景に出会えるのも、ローカル島滞在ならでは。
宗教も概念も日本と全く違うモルディブ。
ひとつひとつが新鮮で興味深いです。

マンドゥ―の滞在ルポ、次回に続きます。
お楽しみに!

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-22 00:14 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
モルディブに行きたくなる動画シリーズ

本日の動画は、南アリ環礁のとある無人島です!

貸切状態の海。
ラグーンあり、ハウスリーフあり、ドロップオフ近しと3拍子揃った無人島。
3拍子揃うのは超レアです。

ここまでたどり着くには、マーレ国際空港から国内線30分+スピードボート30分のローカル島を拠点に
さらにスピードボートで20分ほど。
超穴場です。

でもこんなところにも、イタリア人ゲストが!
イタリア人、ローカル島でよく見かけます。
しかも数週間の長期滞在。
好きが高じて、ローカル島でゲストハウスを始めてしまう人も多い。
すごい行動力です。



******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ

[PR]
by ccmtours | 2018-02-20 16:20 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
今日は久しぶりに、ローカル島の宿泊施設情報をお届けします!

S&Yツアーズアンドトラベルが開業した2016年のはじめは、ローカル島の宿泊施設の軒数が伸びつつある時期でした。
ラグジュアリー系のいわゆるホテルはまだまだ少なく、日本の民宿にあたるゲストハウスと呼ばれる小規模タイプ、観光客向けという
よりは現地の人も利用するシンプルな宿泊施設がメインでした。

それがこの2年ほどで進化を遂げ、外国人観光客を意識した宿泊施設がグーンと増えました。
例えば海の見えるお部屋、お洒落系、屋外レストラン完備・・・と多種多様。
お値段もその分幅広い価格帯となってきましたが、その分魅力的な宿泊施設が増えてきました。

例えば、南マーレ環礁のグラドゥ島
マーレ国際空港からスピードボートで片道約40分。
比較的近く、行きやすいローカル島のひとつです。

グラドゥ島は弊社S&Yツアーズアンドトラベルにとっては本拠地の島ですが、こちらもこの2年で宿泊施設が増えました。
今日はそんなグラドゥ島から、最新情報をご紹介しましょう。

グラドゥ島は1周歩いて25分ほどと小さく、のんびりとした雰囲気が魅力のローカル島です。
宿泊施設は増えていますがまだまだ穴場の島。
モルディブならではのゆったりとした雰囲気を味わえます。

a0349326_03131090.jpg

a0349326_03134299.jpg
a0349326_03223791.jpg

こちらの宿泊施設は Raakani Villas(ラーカニ・ヴィラ)
こじんまりとしたゲストハウスタイプで、全室6部屋の2階建てです。
全室お部屋から海が見えます。
アットフォームな雰囲気で、ビーチが目の前の開放的な共同エリアあり。
個人的には、グラドゥ島で一番好きな宿泊施設です。
ご友人同士、一人旅、ダイバーにおススメです。

a0349326_03142969.jpg

a0349326_03150009.jpg

a0349326_03215335.jpg



次に紹介するのは Marina Beach(マリーナビーチ)
こちらは今月オープンしたての宿泊施設です。
3階建てと、ローカル島の宿泊施設にしては大規模タイプ。

ゲストハウスよりは少しグレードアップした、スーペリアタイプの宿泊施設です。
こちらの売りも、なんといっても海が目の前にドドーンと見えるお部屋や、解放感たっぷりの屋外共同エリア。
一番いいお部屋にはジェットバスがあります。
ハネムーンやご家族旅行におススメです。

a0349326_03191626.jpg

a0349326_03160586.jpg

a0349326_03200666.jpg


他にもバックパッカー向けのリーズナブル系の宿泊施設もあり、予算に合わせた滞在スタイルが可能です。
今回ご紹介した宿泊施設はもちろん、ご予算に合わせた他の宿泊施設も S&Yツアーズアンドトラベル で手配可能です。

ダイビングショップ、マリンスポーツ、サーフィンレッスンと、多様なサービスもあるグラドゥ島。

お気軽にお問合せください。

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-18 03:28 | モルディブローカル島ゲストハウス情報 | Comments(0)
本日の首都マーレの様子をお伝えします。

今日と明日にかけて大きな政党集会が行われると予告されているエリア周辺の様子です。
ここは大きな広場や飲食店が多くあるエリアのため、もともと人が多く集まるのですが、今日は特に混雑している模様。

マーレも全体が混乱しているのではなく、このような特定の集会エリアが夜間に限り混雑します。
このエリアは今だけに限らず、政治が混乱している時期は夜近づかないほうが無難です。

このマーレの東側部分。
特に観光ポイントもなく、主要ホテルもないため、ツーリストはあまり立ち入らないエリア。

人口ビーチがあったり飲食店が多くあるので、現地の人にとっては憩いの場。
これだけ人が多く集まり混乱していても、小さな子供連れが歩いていたりと不思議な光景が広がります。


a0349326_23390378.jpg

a0349326_23351645.jpg

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-16 23:44 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
日本のYahoo JAPAN トップニュースにも出てしまった、モルディブの混乱。
さぞ現地は混乱していることだろう・・・と思われている方が多いかと思います。

ですが、マーレはいたって普通です。

モルディブへの旅行自体をキャンセルするかどうか迷われていらっしゃる方もいるみたいで、他社さんに予約されていて
現地旅行会社である弊社に現地情報を問い合わせされてくる方がいらっしやいますが・・・

旅行会社さんによって判断基準が異なるかと思いますので、なんとも言えません。

現地を見ている限り弊社の見解と致しましては、マーレ立ち寄りも観光も滞在も、特になんら問題はないと感じます。

a0349326_04473033.jpg

今回の混乱とは別に、最近気になる点としては
少々風が強い日が続いており、潮の流れが速いような気がします。

モルディブは一年に数回、外国人観光客による水難事故が起きています。
沖のほうで泳ぐときは、ライフジャケット着用で泳ぎましょう!

******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-15 04:53 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)
モルディブでサーフィン!
と聞くと意外な感じかもしれませんが、ここ数年人気を集めています。

ダイビングやサーフィンは、ボートに乗り込んで1週間くらいかけてポイントを巡る ”サファリツアー” が人気且つ定番ですが、
ローカル島滞在が解禁されてからというもの、ローカル島に滞在しながらダイビングやサーフィンを楽しむスタイルが始まっています。
シーズンを迎えると、自分のボードや器材を持ってローカル島へ移動するツーリストを多く目にします。

そんなサーフィン。
いろいろな環礁にポイントがあります。
有名なところでは北マーレ環礁のトゥルスドゥ、ヒンマフシなんかでしょうか。
他にもリゾート周辺でいくつかポイントがあるようです。

マイナーな穴場で、南マーレ環礁のグラドゥ島。
グラドゥ島はマーレ国際空港からスピードボートで約40分ほどと、比較的行きやすいローカル島のひとつです。
H.I.S. エコスタディーツアーの滞在先であるなど、弊社S&Yツアーズアンドトラベルにとってはホームともいえる島。
開業当時から馴染みのある島です。

ビギナーさんにおススメのポイントが多く、季節は2月下旬~11月頃との情報です。

そんなグラドゥ島で、最近新しいマリンスポーツセンターがオープンしました。
サーフィンはもちろん、各マリンスポーツを豊富に取り揃えています。

a0349326_03155119.jpg
一番右の方がオーナーさんですが、実はこの方、モルディブでは超有名人。
昨年(だったと思うのですが)、カタマランでモルディブを横断し、注目を集めました。
それ以前から有名人だったようなのですが、今ではモルディブで彼を知らない人はいないほど!

そんなガッペさんがグラドゥでサーフィンスクール、もといマリンスポーツセンターをオープン!
グラドゥ滞在の魅力がグッとアップ!!

a0349326_03164863.jpg

レンタルボードも豊富。

ビギナーさんでもお勧めのポイントがあるとのことなので、ダイビング以外のマリンスポーツにも気軽に挑戦してみたい方に
お勧めです。


【グラドゥ宿泊+サーフィンレッスン】のオーダーメイドパッケージ手配も、S&Yツアーズアンドトラベルにお任せください♪


******************************************
おかげさまで3周年。
モルディブ旅行なら、現地旅行会社の S&Yツアーズアンドトラベル にお任せ!
お問合せから現地でのご案内まで、安心の日本語対応。
現地発体験型オプショナルツアー、ローカル島滞在ツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行会社です。

人の喜ぶ顔が生きがい!の日本人顔負けのホスピタリティ精神を持ち合わせる、弊社代表兼現地ガイドリーダーのシャインと、
元青年海外協力隊・ツアー企画担当の重谷が、皆様のモルディブ滞在を全力でサポート致します。

現地発着オプショナルツアー、弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなど
お気軽にご相談ください。
リゾート+ローカル島滞在、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、ご希望プランに合わせたオーダーメイド可能。
モルディブエコツアー
も提案しています。

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
もっと気軽に、もっと手軽に、モルディブ旅。
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ




[PR]
by ccmtours | 2018-02-14 03:35 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)

モルディブローカル島の情報発信中!現地旅行会社ならではの濃い情報。オリジナルオプショナルツアー、オーダーメイド可能。S&Yツアーズアンドトラベル 


by モルディブ現地旅行会社S&Yツアーズアンドトラベル