<   2017年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶2017

a0349326_04071423.jpg

2017年、大変お世話になりました。
多くのご縁と世界各国からのお客様との出会いあり、学びと実りの多い一年でした。
ありがとうございました。

おかげさまで、S&Yツアーズアンドトラベルは3周年を迎えます。
2018年も飛躍の年となりますように。

モルディブで皆様とお会いできる日をスタッフ一同、心よりお待ちしております!


モルディブ現地旅行会社 S&Yツアーズアンドトラベル
Ahmed Shain
Yasuna Shigetani

[PR]
by ccmtours | 2017-12-30 04:17 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)

モルディブ光るビーチ

前々からよく耳にしていた、モルディブの”光るビーチ”

夜光虫が大量発生し、ビーチが青白く光り瞬くという現象です。
日本でも赤潮が発生する時期にはめずらしくない現象とのことですが、話題になっているここモルディブでの光るビーチは
またちょっと規模が違うようです。

モルディブでは夜光虫の発生はよくあり、現地の人にとってはそうそうめずらしいことではないため、外国人観光客が気にする

”いつ光るのか”
”どの時期光るのか”

といった質問に、現地では的確な答えがありません。
自然現象ということもありますし、光るビーチ現象について現地で統計がとられていないためです。

そもそもの発端は、ある外国人観光客が撮った、とあるモルディブのローカル島での光るビーチ画像。
こちらがネット上で話題になったようです。

a0349326_19192903.jpg


そして、今月中旬に撮られたという現地の写真がこちら。
モルディブのニュースに掲載されました。

a0349326_19193914.jpg

この光るビーチを見たいために、交通の不便なツーリズム化がまだされていない、この小さなローカル島に外国人観光客が随分と
訪れるようになったのだとか。
しかも日本人が多いようです。
でもほとんど光るビーチに遭遇できず、島を後にするのだとか。

私も協力隊でモルディブにいた2013年に上の画像をネットで目にし、行ってみたい!とその島の人にまで友人を通していろいろ
聞いてもらったのですが、誰一人として具体的な時期や状況を知らず。
マーレから遠くアクセスが不便な島なので、断念しました。

モルディブにいる間に、一度は見てみたいな~と思います。

ただ、この光るビーチ、条件さえあえばどこでも見られるようなんですけどね~・・・。
でもこの条件が分からない!

夜、島間をボートで移動中に波しぶきで青白く光る時もあります。
きれいです♪

******************************************
モルディブ旅行なら、現地旅行会社のS&Y Tours and Travelにお任せ!
モルディブ唯一、現地発体験型オプショナルツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行社です。

弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなどご相談ください。
リゾート+ローカル島、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、オーダーメイド可能。
モルディブ進出ビジネスサポートも承ります。

モルディブエコツアー
も提案しています。

モルディブローカル島が初めての方にお勧め!
グラドゥ島出身、島を知り尽くした弊社代表シャインが、島民の生活、文化、海を余すことなくご案内します。
【H.I.S. 現地発着 モルディブ人ネイチャーガイド・シャインさんと行くローカル島グラドゥ4日間】

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ


[PR]
by ccmtours | 2017-12-27 19:31 | モルディブローカル島情報 | Comments(0)

モルディブローカル飯

しばらくタイからのブログ更新が続いておりましたが…、
本日からまたモルディブ現地ネタを発信致します!

今日のマーレは快晴。
蒸し暑いです。

a0349326_22371558.jpg

バラエティに富んだおいしくて栄養価も高いタイ料理。
新鮮なフルーツ。
これらが露店で簡単に買えるタイから戻ってきての、最初のモルディブ料理は・・・・

大好物の、魚のたまごカレー!
まさにローカル飯。

a0349326_22362069.jpg
モルディブはやっぱり魚・魚・魚料理なんですよね~。

おいしかったです。
ただしばらくは、タイ料理シックに陥る日々です。

******************************************
モルディブ旅行なら、現地旅行会社のS&Y Tours and Travelにお任せ!
モルディブ唯一、現地発体験型オプショナルツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行社です。

弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなどご相談ください。
リゾート+ローカル島、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、オーダーメイド可能。
モルディブ進出ビジネスサポートも承ります。

モルディブエコツアー
も提案しています。

モルディブローカル島が初めての方にお勧め!
グラドゥ島出身、島を知り尽くした弊社代表シャインが、島民の生活、文化、海を余すことなくご案内します。
【H.I.S. 現地発着 モルディブ人ネイチャーガイド・シャインさんと行くローカル島グラドゥ4日間】

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ



[PR]
by ccmtours | 2017-12-27 06:33 | モルディブローカル料理グルメ情報 | Comments(0)

ビジネスクラス

約一カ月間続きました【番外編タイ】情報も終わりです。

バンコク⇒マーレへ。
スリランカ航空利用です。

バンコク発は朝09:00頃と昼13:55発の(時々)があるのですが、今回は昼便を利用。
空港チェックインの時は予約通りのエコノミー席で搭乗券が発券されたのですが、いざ搭乗口に行くと、なんとビジネスクラスへ
アップグレードになるとのお達しが!
どうもオーバーブッキングがあったらしく。
希望していた通路側の席じゃなく窓側の席になるとのことで。
いいですよ、いいんですよ、そんなのは。

人生初のビジネスクラス。
思いがけないクリスマスプレゼント!となりました♪

結論から言うと…、すばらしいの一言。
エコノミークラスとのサービスの差別化がこれでもか!といったもので、優越感極まりないといったところです。
ハネムーンや特別な記念旅行には絶対ビジネスクラス、ファーストクラスをお勧めしたいところです。

まずなんと言っても、座席と足の部分が広くゆったり!
肘掛けの争奪全もないし、隣の人の体が大きくてこの先のフライトが気が重くなったり、前の人がリクライニングを必要以上に
倒して狭くなる、、、なんてことなし!

a0349326_16113614.jpg

乗ってすぐシャンパンサービス!(ジュースもありましたが)

a0349326_16130970.jpg

機内食も少し豪華。そして食器。
ワインもどんどん注がれます。
エコノミーの時は目も合わないスリランカ航空のフライトアテンダントですが、ビジネスは別世界でした。

a0349326_16133417.jpg

そしてこの優越感は最後まで。
飛行機を降りて空港までの移動バス。
ビジネスクラスのゲスト用のバス、そしてビジネスクラスのゲストだけ乗せてすぐに出発。
(全員座れてなかったのが微妙でしたが)

a0349326_16140547.jpg

そしてバスが止まる場所も、イミグレーションのすぐ近く。
(といっても、マーレへの乗り継ぎがあるのであまり意味はありませんが)

エコノミーの場合、ブランケットやイヤホンは到着の30分前には機械的に回収されますが、ビジネスクラスは回収はなく。
映画のモニター(肘掛けの部分から出し入れタイプ)も、エコノミーの時は離陸時は元の位置に!と半ば怒られ気味に言われましたが
ビジネスクラスでは出していても何も言われない・・・。

この差別化、ゲストに与える優越感はハンパないです。
失礼ながらスリランカ航空でこれだけの差なら、日系や人気エアラインであるシンガポール航空なんかのビジネスクラスは一体どんな
世界なんだろう…と気になります。

日本からモルディブ路線は直行はありませんが結構長いフライトなので、ビジネスクラスの利用価値はありだと思いました。

******************************************
モルディブ旅行なら、現地旅行会社のS&Y Tours and Travelにお任せ!
モルディブ唯一、現地発体験型オプショナルツアーを企画・催行する、日本語OKの旅行社です。

弾丸1泊2日、長期滞在、一人旅、家族旅行、団体旅行、バックパッカー旅、卒業旅行、島巡りなどご相談ください。
リゾート+ローカル島、ダイビング、サーフィン、フィッシングなど、オーダーメイド可能。
モルディブ進出ビジネスサポートも承ります。

モルディブエコツアー
も提案しています。

モルディブローカル島が初めての方にお勧め!
グラドゥ島出身、島を知り尽くした弊社代表シャインが、島民の生活、文化、海を余すことなくご案内します。
【H.I.S. 現地発着 モルディブ人ネイチャーガイド・シャインさんと行くローカル島グラドゥ4日間】

コンセプトは Great Maldives Adventure! (モルディブ大冒険!)
まだまだ知られざるモルディブの魅力をお届けします。

コメント欄、もしくは kawari.maldivesあっとマークgmail.comまでお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちら: モルディブ現地旅行会社 S&Y Tours and Travel


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村



モルディブにいらっしゃる際は、特にご自身での加入を強くお勧めします。
AIUの海外旅行保険総合案内ホームページ



[PR]
by ccmtours | 2017-12-26 16:22 | モルディブローカル島お役立ち情報 | Comments(0)

タイでもクリスマス

(まだまだ)タイに滞在中です。

日本からモルディブへのトランジットで人気の国タイ。
現地から新鮮情報をお届けいたします!

当たり前ですが、タイでもクリスマス。
チキンが山盛り売られていました。
おいしそ~~~!

a0349326_22520479.jpg


タイの人に聞くと、特にケーキは食べないけどチキンは食べるとか。
人によるんだとは思いますが…、タイの人もクリスマスはするんですね!

クリスマスイルミネーションできらびやかなバンコク。
今朝までいたカンチャナブリ―と比べると、やっぱりずば抜けて都会です。
物価も宿泊費も一気に跳ね上がります。

タイに来ると毎回そうですが、到着して2,3日くらいは何もかもが激安に感じ、バーツ紙幣が右から左へどんどん消えていく・・・
といったところですが、数日もすると金銭感覚がついてきて、日本円で数十円、数百円の違いでも高いっ!!と感じてしまい
違うお店を探したり我慢したり、自身が適応していくのが毎回新鮮でおもしろいです。

カンチャナブリ―では40バーツだったものが、バンコクでは100バーツ!
みたいなものもゴロゴロあります。

タイはバンコクだけでなく、地方都市を周遊するのも大変お勧めです。
バンコクからバスや列車で1,2時間も行くと、全く違う風景に出会えます。



[PR]
by ccmtours | 2017-12-24 23:01 | 番外編 タイ | Comments(0)
引き続きタイに滞在中です。

日本からモルディブへのトランジットで人気のタイ。
現地より新鮮な情報をお届けいたします!

カンチャナブリ―。
バンコクから西へ約110キロの田舎町に滞在中です。
第2次世界大戦の時、日本がミャンマーへ物資を届けるために作った泰緬鉄道があるところです。
複雑な歴史が残る小さな都市です。

バンコクとは全く違う、そして田舎町のチェンマイやアユタヤともまたちょっと違う雰囲気です。

a0349326_19071893.jpg

a0349326_19080236.jpg

タイはどこにいってもネコちゃんが多いので癒されます。

a0349326_19082213.jpg

2泊すればすべて観光ポイントは抑えることができそうな小さな街です。
安宿が多いので、バックパッカーの若者にもお勧めです。


[PR]
by ccmtours | 2017-12-23 07:06 | 番外編 タイ | Comments(0)
(まだまだ)タイに滞在中です。

日本からモルディブへのトランジットで人気の国、タイ。
引き続き現地からフレッシュな情報をお届けいたします!

バンコクを離れ・・・
来てしまいました、カンチャナブリ

a0349326_00224333.jpg

今回のタイ旅行でカンチャナブリまで全く来る予定はなかったのですが…、
運命のいたずらというかなんというか。

しかしチェンマイに続き、実に20年ぶりと!
学生の時にバックパック背負って一度来たことがあるのです。

その時は鉄道で来たのですが、今回はバスで。
少し途中で渋滞しましたが、バンコクの南バスターミナルから2時間でした。
ちょうどよい距離です。

しかしバンコクと打って変わって田舎町。
物価もバンコクの3分の2ほどの感覚です。
のんびりとした素朴な雰囲気に癒されます。

バンコク⇒カンチャナブリのバス。
片道110バーツなり。
平日の昼の時間帯ということもあり、ガラガラでした。

a0349326_00243559.jpg
a0349326_00251221.jpg


カンチャナブリ行きのバスは南バスターミナルからの発着ですが、この南バスターミナルへのアクセスが本当に不便で悪名高いのです。
近くに地下鉄もスカイトレインも通っておらず、バンコク市内からタクシーが定番。
しかも30分以上、渋滞があれば1時間ほどかかるという結構な距離。
3人~の旅行であればタクシーでもいいかもしれませんが、一人はちょっとつらい。

そこで調べたところ、一般のバスが通っているという有難い情報を発見!
やはり日本人の目線から発信される現地ブログはありがたい…!

スクンビッド界隈を走る511番のバスの終点が、なんとこの南バスターミナルなのです。
あまり本数がないとの情報でしたが、時刻表のないバンコクのバス。
気を長く持って待とうとバス停で待つこと5分ほど。
運が良かったのか、すぐにバスが来ました。

途中、見覚えのあるボーベー市場やカオサン界隈を通り抜け、1時間ほどで南バスターミナルへ到着。
料金片道11バーツでした。
タクシーだと高速道路を使って300バーツほどかかるようです。
バスは一般道路を使うので渋滞があると時間がかかりますが、それでも1時間。
許容範囲です。

バンコクは市バスを乗りこなせれば本当に便利です。

そんなわけでカンチャナブリ。
20年前の記憶をたどって、明日は散策します。


[PR]
by ccmtours | 2017-12-22 00:36 | 番外編 タイ | Comments(0)
引き続きタイに滞在中です。

日本からモルディブへのトランジットで人気のタイ。
現地から新鮮情報をお届けいたします!

バンコクがサムイ(寒い)なんて・・・。

5日前ほどから急に朝夕かなりヒンヤリのバンコク。
タイって一年中暑い国じゃなかったのか…??
20年来タイに何度か来ていますが、こんなに涼しい(寒いに近い)時期があるなんてことを今まで知りませんでした!

最低気温は16度。
体感気温はもっと低いはず。
暑さに慣れている身としては、16度でも十分涼しい(寒い)のです。

現地の人も薄手のマフラーをしたり、バイクに乗る人はダウンを着たり!
普段暑い国なので、ちょっと涼しい日はおしゃれを楽しんでいるようです。

涼しいと、バンコク街歩き買い食い定番のカットフルーツやジュースはあまり人気がない模様。
温かい豆乳や揚げ物が人気のようです。

私も何か温かいものが食べたい・・・と思い(バンコクなのに…)、
小籠包を食べてきました!
数年前に知り合いに連れて行ってもらったところで懐かしくなり。
変わらず美味しかったです!
(味は変わらずでしたが値上がりしていました)

a0349326_02245528.jpg

店員さんが目の前で蓋を開けると、ムワッと湯気が立ち昇ります。
演出ですね!
おいしそう!

写真を撮り忘れましたが、ショウガの千切りがたっぷり付け合わせであります。
それを酢醤油にたっぷりつけて頂きます!
すっかり寒さにやられて風邪気味の私には薬です。

a0349326_02253413.jpg

中華料理のお店なので、ジャージャー麺なんかもあります。

a0349326_02255377.jpg

豆乳もおいしそうでした。
風邪気味の体には梅!と思い、きんもくせいと梅のジュースにしました。
漢方独特の味でしたが体に良さそうな味でなかなかでした。

遅ればせながら、お店の名前は”永和豆漿”。
(小籠包・バンコク)で検索すると情報がたくさん出てくるくらいの老舗人気店です。
BTSチョンノンシー駅の目の前でアクセスも便利です。


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村




[PR]
by ccmtours | 2017-12-20 23:32 | 番外編 タイ | Comments(0)
タイに滞在中。
モルディブへのトランジットの人気のあるタイから、現地情報を引き続きお届けします♪

バンコクを旅行するにあたり、人気のスポットの1つであるチャイナタウン。
ファランポーン駅から徒歩10分ほど。

行くなら午前中~昼がお勧め!
朝早くはまだ空いていない、そして夕方になると閉まる店も意外に多い。

a0349326_23295545.jpg

いつも交通量の多い大通り、ヤワラート。

a0349326_23303085.jpg

食べ歩きが楽しいチャイナタウン。
もうあらかじめ、ポケットに小紙幣を入れて歩くのがお勧めです。


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村




[PR]
by ccmtours | 2017-12-18 23:37 | 番外編 タイ | Comments(0)

南国のクリスマス

タイに滞在中。

モルディブまでの経由地で人気の国のひとつ、タイ。
引き続き現地情報をお届けいたします!

タイも年中常夏の国。
(北部は寒暖の差があり)

12月ももちろん半袖で過ごす、高温多湿の国です。
そんなタイにもこの時期にはクリスマスツリーがお目見え。

こちらはバンコクのど真ん中、サイアム駅近くのセントラルワールド前。
いつも多くの人だかりですが、この時期はいつもに増してさらに人が多い印象です。

a0349326_14114072.jpg

乾季ベストシーズンど真ん中のタイ。
ホテルは混み合い、予約を取るのが結構難しい状況です。

田舎のほう(チェンマイなど)はいつもに比べて観光客が少ないとの現地の声がありましたが・・・。
国内線の混み状況やホテルの空室状況を見ると、やはりこの時期は例年通り賑わっているようです。


<br"にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ"
にほんブログ村




[PR]
by ccmtours | 2017-12-17 14:18 | 番外編 タイ | Comments(0)

モルディブローカル島の情報発信中!現地旅行会社ならではの濃い情報。オリジナルオプショナルツアー、オーダーメイド可能。S&Yツアーズアンドトラベル 


by モルディブ現地旅行会社S&Yツアーズアンドトラベル