人気ブログランキング |

6月29日 モルディブ コロナウィルス最新状況

本日、4月15日から開始された首都マレとその近郊の外出禁止発令が解除(夜間は引き続き禁止)
された15日目。
緩和措置第2フェーズ15日目。

晴れ時々曇り。
今日は雨が降りそうで降りませんでした。

本日の新規感染者数は・・・

6月29日 モルディブ コロナウィルス最新状況_a0349326_03332975.jpg
モルディブ保健省ホームページより


昨日同じ時間帯にチェックした時は発症者合計2323人だったので、
本日は累計数2336人ということで、13人の増加。
(ちなみに毎日23時頃の数字を基準にしています)

内訳は
モルディブ人 5名
バングラデシュ人 7名
インド人 1名
とのこと。

首都マレ&近郊での外出禁止が解除されて2週間。
これといった第2派が見られないままきていますが、果たして政府が発表する数字が正しいのか
どうなのか。

世界各国で「数字はあてにならない」とささやかれているのを見ると、政府による数字は
あくまで参考にしつつ、自分はならないように予防するのみだな・・・。

ここで新規感染者数がグッと増えてしまったら、来月15日からの観光業再開も延期せざるを得なく
なるだろうけど、それは現実的に難しいだろうし・・・
「もう走りだしたのよ!」って感じでしょうか。

・・・
毎日コロナのニュース、話題で当然にあふれていますが、今モルディブのニュースでトップに
あがっている事件が。

それはレイプ事件。
最近レイプ事件が国内で3件ほど続いているのですが、先週末に起こったのは外国人が被害者。

各メディアのオンラインの英語訳ニュースと、ディベヒ語バージョンのニュースでは、
どうも情報量が違うようで、現地人の友人からニュースで見たと聞いた話の内容が英語訳バージョン
にはどこにも載っていないという・・・。

だからここで友人から聞いた情報をメディア記事を引用しながら話すことができないのと、
友人が得た情報に関してもソースが不明なため細かいことは分かりませんが、

ただ言えることは、

モルディブの警察、腐ってる。
政府も腐ってる。

ってこと。

警察が腐ってる、政府が腐ってる、というのは、なにもモルディブだけじゃないですけどね~。
そして腐っていない人もいることはいるんだろうけど。

ただ、もうなんというか、賄賂、権力の世界、でドロドロだなと。

簡単に言えば、権力者と警察上層部がつながって、このレイプ事件がなかったことにされそうになった
(明るみにでないように)、ということらしいです。
なんだかもう、ドラマのような世界ですね。

ただ、被害者がどういうプロセスをたどったかは分かりませんが、彼女の周りにいる人たちのサポートが
かなり強力だったように見受けられます。

状況が状況なだけに彼女が単独で冷静な判断ができるとは思えないし(もしくはかなり冷静な人なのかも
しれませんが)、なにより外国人だし、
だからこそ周囲が的確な助言をし、行動にうつしたことで、短時間で明るみに出て糾弾されているのだと
思います。


今日夕方、首都マレで起こったデモ。


https://en.sun.mv/より



"Rape is wrong than Corona(レイプはコロナよりも悪)"
なんてプラカードを持っている人もいたり。

今、3人以上の集会は禁止のため、こういうデモはできない、した場合は逮捕されるわけですが
それでもこれだけの人が集まったんですね。
ちなみに2人ほど、業務執行妨害で逮捕された模様。

モルディブ警察の怠慢さは、私自身、青年海外協力隊時代に嫌というほど経験したので。
もう5年以上前のことですが、今思い出してもムカムカするくらいです。

私の場合は当時、周囲に適切なサポート、助言をしてくれる人や機関がなかったので
(メンタル的、手続き面でのマニュアルに沿った最低限のサポートは頂きましたが、
被害者の気持ちに寄り添った、という意味での適切な処置はなかった、との認識は今も変わらない)、
いつの間にか何もなかったようになってしまいましたが。
(私の場合レイプじゃなく、在宅中家屋侵入)

もし権力で潰されなかったとしても、果たしてどこまで加害者を追求できたのか。
逆にここまで大きく世間に注目されるまでならないと、特にこれといった大きな罰も与えられないまま
被害者は外国人だし、後ろ盾いないみたいだし、ってことで終わってしまったのではないか。
もしくは相当な時間がかかるのでは、と思います。

腐った権力や圧力に屈すことなく、がんばって立ち向かって欲しい(立ち向かってるからここまで
明るみに出たわけですが)と思います。

「世の中、思った通りには進まないものだよ~」、そんなことない。
長いものに巻かれろ、事なかれ主義、こそ、悪。

被害者が泣き寝入り、異国の地だからといって適切な周囲のサポートが得らずまともに取り扱って
もらえない(本人がいいなら別ですが)、なんてあってはならないこと。






















by ccmtours | 2020-06-29 23:33 | 日記 | Comments(0)

モルディブローカル島の情報発信中!現地旅行会社ならではの濃い情報。こちらはサブブログです。本ブログはこちら⇒ https://maldives-blog.com


by モルディブ現地旅行会社S&Yツアーズアンドトラベル
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31